irukasowaka

irukasowaka /1st EP [Where the rainbow starts] 2017.5.17 ON SALE!

2014年結成、4人組エレクトロニックロックバンド。ColdplayやThe Flaming Lipsなどのオルタナティヴロック、EDMやダブステップなどのダンスミュージックを昇華させた2010年代のJ-POPの到達点。人間讃歌をテーマに聴く人をスピリチュアルな旅へと連れ出す。
2017.5.17 1st EP「Where the rainbow starts」をリリース。

<収録曲>
  1.「Crazy Journey 」
  2.「Arca」
  3.「Nai」
  4.「Yearn」
  5.「Picnic」

DLCR-17051 / 定価:¥1,200+税
■ 1st EP [Where the rainbow starts]
 <セルフライナーノーツ>
All Lyrics:清水健太 All Songs:清水健太 All Songs Arrangement:irukasowaka

1. Crazy Journey
誰に変な目で見られても、どれだけ馬鹿にされても、自分の心の奥底から湧き出てくる純粋な好奇心と直感を信じて、この歌の主人公は人生という名のいかれた旅に出る。
この不確かで暴力的で不完全な世界の中にある確かな愛と幸せを求めて。
今まで踏み出すことができなかった一歩が踏み出せた時に頭の中で弾けたメロディーからつくった歌。

2. Arca   
あの子が無くしたはずの心を波打たせた雫を旋律と律動に乗せて言葉にする。それが誰かの無くしたはずの心に花を咲かせる雫となる。
生命と魂の循環の中で形のないミームが色や匂いを変えながら、変わらない一つの意思を宿し、脳から心へ 心から魂へ より深くへ浸透していく。解放と調和。

3. Nai
何も無いって気持ち良い。歌いたいことなんてなくても歌いたいし、歌える。 

4. Yearn
今はもう会えなくなった大切なあなたを想う時の言語化できない感情がこの曲の歌詞とメロディと演奏の臨界点に内包されてる。涙を流しながら笑顔で歌ってる。 

5. Picnic
大好きだった恋人との別れはさびしいし切ないけど、その別れを前向きに捉えて歌った歌。2人が出会い共に時間をすごし別れた。
その全てにかけがえのない価値があったと、この歌の主人公は信じてる。
<irukasowakaプロフィール>

L→R 山崎強(Ba.) 清水健太(Vo.) 高橋翔宇(Dr.) 平間千代(Gt.)



  • リリース情報
  • アーティスト一覧
  • ライブ・メディア情報
  • 通信販売
  • お問い合せ
  • デモ音源募集
  • プライバシーポリシー

© BUDDY RECORDS All rights reserved.